TOP
重要な締切
講演プログラム
ポスターセッション
プログラム
参加登録
ポスター発表申込
会場アクセス
お問い合わせ

主催






J-PARC MLF
利用者懇談会

<アーカイブ>

2017年度量子
ビームサイエンス
フェスタ

(2018年3月2-4日)

2016年度量子
ビームサイエンス
フェスタ

(2017年3月14, 15日)

2015年度量子
ビームサイエンス
フェスタ

(2016年3月15, 16日)

第3回物構研
サイエンスフェスタ

(2015年3月17, 18日)

物構研サイエンス
フェスタ2013

(2014年3月18, 19日)

第1回物構研
サイエンスフェスタ

(2013年3月14, 15日)

第4回MLF
シンポジウム

(2012年10月11, 12日)


 量子ビームは基礎研究から応用研究、また産業の広い分野について、研究開発を支える重要なツールとして、欠かせない役割を担っています。 KEK 放射光科学研究施設とJ-PARC 物質・生命科学実験施設は比較的近い距離に位置し、放射光・陽電子と中性子・ミュオンのそれぞれの特徴を活かしたマルチプローブ利用による新しいサイエンスも広がりを見せています。

 2015年度から始まった量子ビームサイエンスフェスタは、量子ビームを利用するユーザーと量子ビームを提供する施設スタッフの情報交換の場であるだけでなく、異なるプローブを用いる研究者間の交流を通して、将来の量子ビーム利用研究のあり方を考え議論する場となることを目指して開催されてきました。今年度の量子ビームサイエンスフェスタでも、量子ビームを利用した研究について最先端の話題を提供いただくとともに、参加者同士の知識や技術の交流を通じて、研究の幅を広げるとともに将来の量子ビームサイエンスについて活発に議論する機会として、大いにご活用いただきたいと考えております。

多数の皆様のご参加を、こころよりお待ち申し上げております。

 


開催時期: 2019年3月12日(火)、13日(水)

開催場所:

つくば国際会議場(エポカルつくば)
〒305-0032 茨城県つくば市竹園2-20-3
主 催: KEK 物質構造科学研究所,J-PARCセンター
総合科学研究機構(CROSS),PF-ユーザアソシエーション,
J-PARC MLF利用者懇談会 

後 援:
(予定)

茨城県,つくば市、東海村

協 賛:
(予定)

 

日本放射光学会、日本表面真空学会、日本陽電子科学会、中性子産業利用推進協議会、日本加速器学会、高分子学会、日本金属学会、日本機械学会、日本鉄鋼協会、日本中性子科学会、日本結晶学会、日本中間子科学会、日本物理学会、日本原子力学会、日本高圧力学会、応用物理学会、日本地球惑星科学連合、日本化学会、日本放射化学会、日本材料学会、日本磁気学会


What's New

2018年  

12月3日(月)

ホームページを開設し、参加申込を開始しました。

 


ご意見・お問い合わせは、量子ビームサイエンスフェスタ事務局(Email:qbs-festa-office*pfiqst.kek.jp) までお願いします。

<2018年度量子ビームサイエンスフェスタ実行委員>
大井元貴(JAEA),大石裕(KEK物構研),大原高志(J-PARC MLF利用者懇談会/JAEA),◎小野寛太(KEK物構研),河村聖子(J-PARC MLF利用者懇談会/JAEA),君島堅一(KEK物構研),鬼柳亮嗣(JAEA),高木宏之(KEK加速器),野澤俊介(KEK物構研),花島隆泰(CROSS),林田洋寿(CROSS),引田理英(KEK物構研),伏信進矢(PF-UA/東大),船守展正(KEK物構研),松浦直人(CROSS),山下翔平(KEK物構研),○横尾哲也(KEK物構研),米村雅雄(KEK物構研)(◎委員長,○副委員長,50音順,敬称略)

  更新日: 2018-12-03